補助金・助成金・減税制度

HOMEへ > 住宅ローン減税
住宅ローン減税とは、住宅ローンを利用して
住まいを購入したり、新築したりした方を対象に、
税金(所得税と住民税)から一定の割合分を控除する(差し引く)制度。
簡単にいうと、住宅ローンを利用した方の“税金が安くなる”のです。
マイホームの購入や新築を意識する方は見逃せないこの制度チェックしてください♪
平成26年4月の消費増税に伴い、住宅ローン減税制度も大幅に拡充されます。
(よって、なんらかの事情で消費増税が施行されない場合はないものとする)






一般住宅
入居年 控除対象
借入限度額
控除期間 控除率 最大控除額 住民税控除
上限額
平成25年1月〜26年3月 2,000万円 10年間 1.0% 200万円 9.75万円
平成26年4月〜29年12月 4,000万円 400万円 13.65万円

認定長期優良住宅、認定低炭素住宅 
居住年 控除対象
借入限度額
控除期間 控除率 最大控除額 住民税控除
上限額
平成25年1月〜26年3月 3,000万円 10年間 1.0% 300万円 9.75万円
平成26年4月〜29年12月 5,000万円 500万円 13.65万円

※平成26年4月以降でも経過措置により5%の消費税率が適用される場合や     
消費税が非課税とされているものの場合などは平成26年3月までの措置を適用します

 住宅ローン減税の対象となる条件
★その年の合計所得金額が3,000万円以下である。
★住宅ローンの返済期間が10年以上である。
★住まいを購入してから6か月以内に入居(住民票を移動)している。
★購入・新築した住まいに、その年の12月31日まで引き続き居住している。
★住まいの床面積(登記簿上の面積)が50u以上である。
★中古物件の場合は築20年以内(マンションのような耐火建造物の場合は築25年以内)である。)または一定の耐震基準を満たしている。
       


住宅ローンに関するお問い合わせ、ご相談はこちらから
▲ページTOPへ