補助金・助成金・減税制度

HOMEへ > リフォーム減税
 「リフォーム」で住まいをもっと安全・安心・快適に!

耐震リフォーム

地震から命を守るためには、建物の倒壊を防ぐことが第一です。しかし古い住宅では耐震性が現在の基準に比べて低いものが多く、大地震が起こったときに倒壊する危険性があります。補強工事で住宅の耐震性を高めて、あなたと家族の命や財産を守るのが「耐震リフォーム」です。

耐震リフォームには、以下のようなものがあります。
  • 基礎部分を補強。
  • 固定荷重を少なくする。
  • 壁を増やしてバランスよく配置。
  • 筋かいを入れたり、構造用合板を張って壁を補強。
  • 柱と梁、土台と柱、筋かいと梁などを金物でしっかり固定。など
まずは耐震診断でお住まいの耐震性能をしっかり把握し、それにあった適切な耐震改修をおこなうことが重要です。
バリアフリーリフォーム

高齢化などに伴って身体機能が低下すると、住み慣れた家でも使いにくさを感じるようになり、段差でつまづいて転倒するなど家庭内事故につながることもあります。住宅の中でそれらの原因となるものを取り除き、わが家でできる限り自立した生活を続けられるようにするのが「バリアフリーリフォーム」です。

バリアフリーリフォームには、以下のようなものがあります。
  • 玄関やアプローチの段差を解消。
  • 階段、廊下や浴室・トイレに手すりを設置。
  • 車いすで使用できる出入口、トイレへの改善。
  • 廊下や浴室の床をすべりにくい床材に変更。など
リフォームの進め方は一人ひとり異なります。自分の場合、どこに問題があって、どうしたいのか、課題と目標をしっかりと定めて計画することが重要です。
省エネリフォーム

住宅の断熱性や機密性が低いと、余計な冷暖房費用がかるだけでなく、身体に大きな負担を与えます。家のすき間から流出する空気を少なくし、窓や壁から伝わる室外との温度差の影響を最小限にすることで、空調機器の効果を上げ、健康敵で快適な暮らしを実現するのが「省エネリフォーム」です。

省エネリフォームには、以下のようなものがあります。
  • 窓などの開口部を二重サッシや複層ガラスに変更。
  • 壁・床・天井などに断熱材を設置。
  • 窓などの開口部や配管などの貫通部のすき間をなくす。
  • 太陽光発電など自然エネルギーを利用。など
地球環境への配慮の面からも、省エネへの取組みは非常に重要です。
 支援制度をつかってリフォームすると

耐震基準が新しくなる昭和56年5月以前に建てた家だから、
しっかり補強して大地震に備えたい
Aさんの場合

高齢になってきた主人のために、風呂やトイレ、
洗面所に介助のスペースが欲しいわ
Bさんの場合

冷暖房にあまり頼らない冬暖かく、夏涼しい家にリフォームしたいな。
Cさんの場合

わが家も古くなったし、この際まとめて耐震やバリアフリー、
省エネにも配慮したリフォームをしようかな
Dさんの場合
※1.お住まいの市町村により異なります。
※2.このほか、固定資産税についても減税措置があります。
※3.工事費はイメージです。
高齢者向け返済特例制度
リフォームに関するお問い合わせ、ご相談はこちらから
▲ページTOPへ