補助金・助成金・減税制度

HOMEへ > 飯能市木造住宅耐震補助制度 平成29年度版

飯能市では、地震による木造住宅の倒壊被害を最小限にくい止め、安全な建築物の整備を促進するため、昭和56年
5月31日以前
に建てられた木造住宅の耐震診断・耐震改修・建替え工事を行う際に、経費の一部が補助されます。

補助の対象となる建築物
  (1)市内にある木造住宅で、昭和56年5月31日以前に工事に着手した
    @一戸建て住宅
    A店舗等の併用住宅
    B長屋住宅
  (2)地上2階建て以下のもの
 
 
耐震診断

 ◆建築士が図面や建物調査に基づき、住宅が地震に対してどの程度耐えることができるか調査した場合に補助金が交付されます
  
耐震診断に要する費用の3分の2を補助  ※限度額 万円
 
※申請は、ご契約前に限りますのでご注意ください
  
耐震改修
 ◆耐震診断の結果、耐震性能が低いと判定された住宅を、地震で倒壊しないよう耐震改修を行った場合に補助金を交付されます
  
耐震改修に要する費用の23%を補助 ※限度額 30万円
 
※申請は、ご契約前に限りますのでご注意ください
 
建替え
 ◆昭和56年5月以前に建築された木造住宅を建て替える場合に補助金を交付されます
  
建替えに要する費用の23%を補助 ※限度額 20万円
 
※申請は、工事着工前(解体工事も含む)に限りますのでご注意ください
 

▲ページTOPへ