埼玉県飯能市の注文住宅・リフォーム・伝統工法・ゼロエネ住宅・新築・工務店なら株式会社吉澤建設工業

よっしぃ☆のブログ お問い合わせ
よっしぃ☆のブログ
Contents MENU
現代の名工
西川材
木組みの家
こだわりの技
古民家再生
長期優良住宅
愛犬家住宅
整理収納
株式会社 吉澤建設工業
〒357-0003
埼玉県飯能市青木34-2
TEL : 042-972-4652
FAX : 042-972-6054
ホーム > あんしん保証
あんしん保証


葛g澤建設工業は、国土交通大臣より指定を受けた住宅瑕疵担保責任保険法人「株式会社住宅あんしん保証」が取り扱う【完成保証制度】【あんしん住宅瑕疵保険】【地盤調査・保証登録】という住宅に関する保証サービスの事業者登録工務店です。



特定住宅瑕疵担保責任の履行の確保等に関する法律(住宅瑕疵担保履行法)により、平成21年10月1日から新築住宅の請負人や売主(住宅事業者)には瑕疵担保責任を確実に履行するための資力確保措置(保険への加入または保証金の供託)が義務付けられます。


☆あんしん住宅瑕疵保険について
 義務付けとなる対象者

住宅瑕疵担保履行法では、構造耐力上主要な部分および雨水の浸入を防止する部分に関する10年間の瑕疵担保責任を対象としています。



 保険のしくみ

個々の住宅について保険契約を締結し、瑕疵により損害が発生した場合には保険金が支払われます。



 対象となる瑕疵担保責任保険の範囲

住宅瑕疵担保履行法では、構造耐力上主要な部分および雨水の浸入を防止する部分に関する10年間の瑕疵担保責任を対象としています。




 消費者を守るしくみ
◎保険法人への保険金の直接請求

住宅事業者が倒産しているなど、修補等が行えない場合、発注者・買主は保険法人に対し、瑕疵の修補などにかかる費用(保険金)を請求することができます。(直接請求)


◎指定住宅紛争処理機関(弁護士会)による紛争処理

請負人・売主と、発注者・買主との間で紛争が生じた場合、指定住宅紛争処理機関(弁護士会)による紛争処理手続き(あっせん、調停または仲裁)を利用することができます。




☆完成保証について

マイホーム完成前に万一建築会社が倒産してしまったら・・・

通常、住宅を建築中に建築会社が倒産すると、債権者の話し合いが決着するまで長期にわたって工事の再開は難しいでしょう。また、着工金もまず戻ってこないでしょうし、戻ってきてもわずかでしょう。

住宅あんしん保証の完成保証はこうした事態に備えて、万が一の損害を最小限に抑え、マイホームを完成させる制度です。


☆地盤調査・保証について

家が傾く、壁がはがれる、ドアが開かない・・・。
住宅に関するトラブルの7割近くが地盤に関係したこと。

軟弱な地盤では、地盤が徐々に沈下し、その上の建物が地盤に追随して傾き外壁にヒビや亀裂が生じたり、ドアの開閉がスムーズでなくなったり、 雨漏りが発生したりなど、いろいろな障害が現れます。この様な現象を不同沈下といいます。実際、住宅に関するトラブルの7割近くが地盤に関係している と言われ、不同沈下が原因と見られる深刻な被害報告は跡を絶ちません。

不同沈下とは建物が不揃いに沈下を起こすことを言います。家全体が均等に沈下するのではなく、一方向に 斜めに傾くような状態のことです。

このような住宅の異常は不同沈下によるものが多く、
しかも新築から2〜3年以内に多く発生してます。

●基礎のコンクリートやモルタルに亀裂がはいる。
●境界のブロック塀や擁壁(ようへき)に亀裂がはいる。
●外壁や内壁に亀裂がはいる。
●建物周辺の土間コンクリートに亀裂が生じる。
●室内のクロスに裂け目やよじれが生じる。
●歩くと床鳴りがしたり、夜中に建物のきしむ音がする。
●建具やサッシの開閉がスムーズにできない。
●窓のカギがかからない。
●床が一方向に傾斜して、ゴルフボールが転がる。
●排水が流れず汚水があふれる。
●雨漏りがする。
●小さな地震でも大きく揺れる。